■ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ クラッチ、アクセルワイヤー交換
どうしても切れた時のことを考えると怖かったので交換しました。



現在の走行距離53000キロ

今年に入ってから仕事が忙しくてぜんぜん乗れてないものの
雨ざらしになる機会も増えてしまったのでそろそろ切れるころかな、と
注油は一切やってないしねw




ケーブル類、社外品探してはみたものの、ninja250で使える物が結局分からず。
バイク屋に聞いてみたらケーブルの長さや、中のワイヤーの長さがバイク毎に違うから純正品ならハズレはないよって言ってた。


ハンドルも交換してないので長くする必要もないので純正としました

54011-0073 クラッチケーブル @1,670
54012-0218 スロットルケーブルオープン @1,743
54012-0219 スロットルケーブルクローズ @1,743


ケーブル類のおさらい

クラッチケーブルはバイク乗ってる人なら分かるケーブルw

切れたことはないが、切れると大変、
一度切れた時を想定してシフトアップダウンの練習はしたが、どうしても停止発進だけができない、
まぁ、停止はエンジン切ればいいが、発進はどうやるんだ?
押しがけ風にやれば応急的にはなりそうだが、街中では現実的でない。

クラッチを使わずにシフトチェンジだが、アクセルを戻すタイミングでシフトを動かせばすんなりチェンジできるよ。




アクセルワイヤーはアクセルとスロットルバルブを繋ぐワイヤー

切れたら…アイドリングで走るしかないw

アクセルワイヤーはオープンとクローズの2本がある
アクセルを開けるとオープンのワイヤーでスロットルバルブを開いて、
閉じるとスロットルバルブ側のバネで閉じるようになっている。
クローズのワイヤーは、もしもオープンのワイヤーが引っかかったり、バネが効かなくなったりして、アクセルが戻らなくなった時に、戻せるように保険的要素で付いている。



最近では電子制御スロットルなんてのも出てきて、電気信号でスロットルバルブを開くものもあるが、ワイヤー式の方が感覚的に良いと言う話も聞く。






では交換


まずはクラッチワイヤーから

ハンドル左からタンク下を通って車体の右側まで来てる
DSCF5455.jpg
DSCF5454.jpg
DSCF5453.jpg



クラッチのケーブルを外す
構造は自転車と同じようなものなので省略
DSCF5465.jpg



右側でクラッチケーブルのナットと、止め金具を外す。
DSCF5456.jpg
このゴムブーツがケーブルと一緒になってるのが気に食わない、
1年もしたらボロボロになるのにこれだけを交換することができないなんて…





外す場所はこれだけw

ケーブルに余裕が出ると全部外れるようになるので、外れたら下側から引き抜く
新品のケーブルは逆の手順で組み立てればok
ケーブルの取り回しを変えないように通ってた場所を覚えておくのがポイント







次はアクセルワイヤー


まずは右のスイッチボックスを開ける
DSCF5464.jpg


開けるとこんな感じ
赤がオープン
黄がクローズ
DSCF5462.jpg

DSCF5461.jpg



スロットルバルブ側
DSCF5460.jpg


2つナットを外せばフリーになる
DSCF5467.jpg


あとは2本引き抜いて、隙間から新品を通せばいい
タンク外すこともないし案外ラクだったな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Recent Entries●
フリーエリア
●Archives
Categories●
プロフィール

ken2

Author:ken2
08青のninja250Rに乗って、マイペースなツーリングが趣味な人、横浜に住んでるらしいよ。
下道20時間800キロ走ったりするキチガイなので要注意

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。